名刺デザインをデザイナーに決めてもらう利点や依頼料の相場について

名刺1

他とは違う個性的な名刺を作るにはデザインにこだわることが重要です。記載内容が分かりやすく、尚且つ個性的なデザインに仕上げる方法としてデザイナーへの依頼があります。プロの知識と技能で対応してくれるので安心できますが、人によって費用が異なるのも事実です。

ここではビジネスマンに相応しい名刺デザインの決め方やデザイナーへの依頼料の相場についてお伝えします。

名刺デザインにこだわる意味

名刺には本人の氏名や所属する会社名、住所や電話番号などが記されています。ビジネスマンが挨拶を交わす際に自分の情報を分かりやすく簡潔に提示するのに最適ですが、その一方でデザインが似通ったものになってしまうのも事実です。

ひと目で記載内容が理解できることが重要なので、どうしてもデザインは画一的になります。しかし、どの名刺も同じようなデザインでは見分けがつきにくく、名前を覚えてもらうのは容易ではありません。そのため、分かりやすさを保ちつつ、他の名刺とは違う個性的なデザインにこだわることが重要と言えるでしょう。

デザインを決めるには専門の知識が不可欠

他とは違う個性的なデザインの名刺を作るのは簡単ではありません。多くの名刺は中央部分に本人の名前、その上に小さい文字で役職名などデザインが定型化していますが、これはそのデザインがもっとも分かりやすく簡潔に情報がまとまっているためです。

一見すると平凡で面白味に欠けるようなデザインですが、広く普及しているのは相応の理由があると理解する必要があります。名刺としての機能を保ちつつ、他との差別化を図るにはデザインの専門知識が必須と言えるでしょう。

素人作業では良い結果を得ることは非常に困難なので、多少は出費が嵩んでもプロのデザイナーに依頼するのが賢明です。デザイナーなら名刺デザインの知識が豊富で実績もあることから、満足できる仕上がりを期待できます。

自分では気が付かなかった問題点の指摘や異なった視点からのデザイン案を提示してもらえるのもデザイナーに依頼する利点です。普通はデザイナーに依頼してもすべてを丸投げするのではなく、名刺デザインの方向性について話し合います。

その際に様々なアドバイスを貰うことができるので、より質の高いデザインに仕上げることも難しくはありません。

デザイナーへの依頼料の相場や注意点

デザイナーへの依頼料は人によって異なるので一概に言い切ることはできませんが、平均的な相場は約2万円から3万円とされています。プロの中でも駆け出しならもっと安くなる反面、実績が豊富で知名度が高いデザイナーは10万円を超えることがあります。

評判が良く有名なデザイナーほど依頼料が高額になりますが、金額の高さとデザインの良さは必ずしも比例するとは限りません。また、デザイナーのセンスと依頼者の好みが合致しない可能性もあるので慎重な判断が必要になります。

依頼に関する取り決めはデザイナーによって異なるので、その点についての確認も忘れてはいけません。事前の話し合いを入念に行い、デザイン案を共有することが重要です。デザイナー個人ではなくデザイン会社への依頼は約5万円から10万円が平均的な相場です。

名刺デザインを会社全体で決める形になるので、依頼料もそれだけ高額化します。また、会社への依頼は質の高いアフターケアを受けられることが多く、二回目以降の依頼料を割引するなど利点は多彩です。その一方でデザイン会社は多くの依頼を受け付けているため、作成まで時間がかかりやすい欠点があります。

個人と会社はそれぞれ長所と短所があるので、名刺デザインを決めてもらう際はその点を踏まえて選ぶのが賢い方法です。

工夫次第で依頼料を安く抑えることができる

名刺デザインをプロのデザイナーに依頼すると大きな出費になりますが、工夫次第で金額を安く抑えることも不可能ではありません。デザインのすべてを任せると出費が嵩みますが、すでに完成しているひな形から選択する方法ならデザイン料の節約になります。

また、モノクロや片面印刷など印刷方法を選ぶのも依頼料を安くする工夫です。デザイナーやデザイン会社によっては複数のプランを提示する所があるので、予算に応じて利用することもできます。イラストやロゴを追加するとそれだけ金額も増えるので、シンプルなデザインにするのも出費を抑える方法と言えます。

一度決めたデザイン案をキャンセルすると違約金を支払う事態になる可能性は否定できないので、冷静に考えて判断しなければいけません。

名刺は受け取った人のことを考えて作る

個性的なデザインの名刺作りにこだわるのは悪いことではありませんが、受け取った人がどう感じるかを考えなければいけません。他との差別化を図ろうと奇抜なデザインにした結果、名刺を受け取った人からの印象が悪くなってしまうこともあり得るのです。

名刺デザインを決める際は目立たせることも大切ですが、社会人に相応しい、気品のある落ち着いた仕上がりにすることを心がけます。無難な感じの中にも他とは違う、個性的な輝きのあるデザインにするのが名刺作りの醍醐味であり受け取った人への配慮です。

そのようなデザインに仕上げるのは高度な知識と優れた技能が必須なので、プロのデザイナーに名刺デザインを依頼するのが賢明な判断と言えるでしょう。

名刺を正しく扱うのが社会人のマナー

名刺のデザインにこだわる他、扱い方にも気を配るのが優秀なビジネスマンの条件と言えるでしょう。名刺のやり取りは挨拶の基本ですが、自分でも気づかないうちに失礼な振る舞いをしている可能性があるので注意が必要です。

名刺交換は両手で行う他、受け取った名刺を自分が先にしまってはいけません。名刺をしまう際もポケットにねじ込んだり、折りたたむのは非常に失礼な行為なので絶対に行ってはいけません。必ず専用の名刺入れを使い、自分が最後にしまうことを厳守します。

座った姿勢の時は自分の左手側に名刺を置き、話し合いが終わった後に名刺をしまいます。名刺の扱いは社会人なら知っているのが当然とされています。名刺交換の場で恥ずかしい思いをしないためにも、マナーについての勉強を欠かさず行うことがビジネスマンの責務です。

プロが手掛けたデザインの魅力を活かすのがビジネスマンの心得

プロのデザイナーが手掛けた名刺デザインは無難な中にも他とは違う、独自の魅力が込められています。一般的な名刺と差をつけることができますが、最終的には扱う人の心がけ次第です。名刺交換や受け取った名刺のしまい方など、社会人としてのマナーに沿って正しく扱うのが優れたビジネスマンとしてのあるべき姿と言っても過言ではありません。

関連(デザイン名刺.net) ... https://www.designmeishi.net/